SSH

TOP > SSH > 課題研究

課題研究

本校の課題研究は,文理学科の生徒全員を対象として実施している学校設定教科「創造探究」の中で,以下の3つの科目で行っています。

 ・高津LCⅠ(1年次・1単位)
 ・高津LCⅡ(2年次・2単位)
 ・高津LCⅢ(3年次・1単位)

課題研究の授業では、1年次に教科横断型授業で、課題発見から論理的思考で物事を考える姿勢や、研究の作法を学びます。
2年次には、自然科学系をはじめとして,人文科学系・社会科学系・芸術系と多様な分野にわたって課題研究が実施されており、そのうちの自然科学系分野の課題研究をSSH事業として位置づけています。すべての教科の教員が関わる,GLHSとしての重要な取り組みとなっています。年に2回、研究成果の発表会があり、優秀な班には、学校を代表して大阪サイエンスデイやGLHS合同発表会での発表機会が与えられます。
3年次は、2年生でまとめた研究の成果を論文にすることが求められます。

※2年次より進路希望にあわせて,文科・理科に分かれます。
※「高津LC」の「LC」とは,本校の校風である「自由と創造」の英訳「Liberty&Creativity」の頭文字から取っています。 

●課題研究(高津LC)の論文集へのリンク

(平成23・24年度はSSコース生による成果)

●科学系クラブの研究成果(一部)へのリンク

●本校が参加する主な発表会

 また本校では、課題研究の成果は論文のみならず、次のような様々な機会を通して、口頭発表やポスターセッションでの発表を実施しています。このような取組みを通して、生徒のプレゼンテーション能力の向上を図っています。

口頭発表
口頭発表
ポスター発表

SSH

  1. SSHとは
  2. SSH通信
  3. 外部連携事業
  4. 国際交流事業
  5. 課題研究
  6. 報告書
  7. これから探究活動を進める学校へ(参考資料)