GLHS

TOP > GLHS > 文理学科と普通科

文理学科と普通科

①文理学科 --課題研究や教科横断型授業で総合力を育成--

 SSH(文部科学省指定スーパー・サイエンス・ハイスクール)の実績をもとに、その取組みを文科系にも拡充する形でカリキュラムを作成しています。

 一般的な教科の授業のみならず、課題研究や研究発表、教科横断型授業、小論文の授業などを実施することで,視野が広く骨太の人材育成をめざします。さらに,文理学科1年生及び理科2・3年生はスーパー・サイエンス・コース生として、本校SSH事業の中心的な担い手となります。また、文科においては英語を中心とした専門科目を、理科においては理科・数学での専門科目を設定、より専門性の高い授業内容で、学力の深化をはかります。

②普通科 --効果的なカリキュラムときめ細やかな授業で進路実現を支援--

 普通科のカリキュラムは、国・英・数といった中核的な教科の時間数を可能な限り多めに設定しています。これによって、基礎学力の向上をはかるとともに、難関大学の合格に照準を合わせた、高い学力の獲得を目指します。

 また、2年生からは一部科目で前・後期で受講する科目が変わる半期認定制を実施、さらに3年生では自らが志望する大学の受験科目に合わせて、科目履修の自由選択制を導入するなど、一人ひとりの生徒の進路希望に応じた授業選択が可能なカリキュラムで、自己実現を支援します。

GLHS

  1. 目的
  2. 文理学科と普通科
  3. 課題研究
  4. 海外語学研修
  5. 体験型進路学習
  6. 創造探究事業