進路

TOP > 進路 > 体験型進路学習(1・2年生)

体験型進路学習(1・2年生)

 本校は、平成23年度より指定されたグローバル・リーダーズ・ハイスクール(GLHS)の事業の一環として、「体験型進路学習」を導入しました。具体的には、1年生では「体験型進路学習Ⅰ」として職場訪問を、2年生では「体験型進路学習Ⅱ」として大学の研究室訪問を、それぞれ5日間の日程で実施します。

体験型進路学習Ⅰ(職場訪問)

 各クラスを5~6名のグループ(計63)に分けて訪問先を決定し、職業研究を行ったうえでインタビュー(質問)内容を考えます。そして、1日目にグループ単位で職場を訪問し、そこで働く方々にインタビューを行います。2日目にはグループで討議をしながらインタビューで答えていただいた内容をパワーポイントにまとめ、3日目にクラス発表、5日目には外部ホールにて外部のコメンテーターの方をお招きして、クラス代表による学年発表を行います。

体験型進路学習Ⅰ(職場訪問)発表会

おもな職場訪問先
造幣局・家庭裁判所・地方検察庁・市役所・映画館・管区気象台・ 教習所・消防署・PM2.5測器製造・出張片付けサービス・博物館・ カップ麺製造・段ボール製造・納豆製造・放送局・新聞社・病院・ 菓子製造・携帯電話・旅行会社・ホームセンター・図書館・住宅関係・ 結婚式場・出版社・海上保安監部・ホテル・動物園・ペットショップ・ 鯖寿司製造・設計事務所・銀行・コンビニ・書店・家具製作所 等

体験型進路学習Ⅱ(研修室訪問)

 直近の学部・学科希望調査により学年を2~9名のグループ(計52)に分けて訪問先を決定し、あらかじめ大学の先生からいただいた課題に取り組んだうえで研究室を訪問します。そして、グループで討議をしながら訪問で得た成果をまとめ、大学の先生2名をお招きして、ポスターセッション形式で発表を行います。

体験型進路学習Ⅱ(研究室訪問)発表会 H28.7.19. 本校体育館

おもな研究室訪問先

 この「体験型進路学習」は「職場訪問」と「研究室訪問」で1セットで、自らの進路をアクティブに考えてもらうための企画です。さらには、ディスカッション能力、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養うばかりでなく、数多くの職場・研究室を用意し、発表を通していろいろな職場・研究室を知ることができるように構成されています。このため、いずれの企画とも生徒の満足度は約9割と、非常に高い取り組みとなっています。

進路

  1. 進路指導方針
  2. KSP
  3. スクールマップ
  4. 体験型進路学習
  5. 進路講演会
  6. 大学入試合格者一覧
  7. 平成29年度進路状況について